2017年8月5日土曜日

今日は五所川原で黒江顎顔面矯正セミナーに出席しました。講師の黒江先生の話はとても感動します。子供が健全に発育する結果、歯並びも良くなるという矯正治療です。きれいにするなら悪くない歯を抜けば、歯はきれいに並ぶよ、なんて考えは捨てましょう。
簡単にいえば、3人がけの椅子に4人座りたいのにスペースが無いから1人に犠牲になってもらうという発想じゃなく、4人座りたいなら、ゆったりとした4人がけの椅子を作ってあげようっていう事。素晴らしい。歯が並ぶように顎が広くなることによって、子供の健全な発育までも促します。五所川原の立ちねぶたはお預けです。

2016年4月9日土曜日

筒井塾

今日は筒井塾最終セミナーで東京です。
濃密な講義は快感。咬合のお勉強してきます。
筒井先生の発想力は天才的ですね。

むし歯や歯周病じゃ無いのに‥

  歯科ではむし歯むし歯や歯周病や歯周病に関するものが
ほとんどと思われがちです。我々もそれが前提で仕事をしてます。
それはそうなんですが、患者さんの訴えでどうしても
説明ができない、つまりなんでその症状が出てるのか
理由がわからないケースがあるんですよ。
そんなケースは意外と多くて感覚的には全体の1割以上ですね。
例えばむし歯や歯周病が無いのにしみる、痛い、噛めないとか
口臭が気になる、頭痛とか。
むし歯や歯周病があれば治療は可能なわけですけど。
そのあたりを少しお話ししてみます。


2016年3月12日土曜日

筒井塾 セミナー 参加します

今日はこれから東京で筒井セミナーを受講します。口の病気は歯周病と虫歯だけと考えられますが、これだけでは説明出来ない症状は意外と多いです。それは噛み合わせから生じるものです。じっくり勉強してきたいと思います。

2015年7月4日土曜日

口臭学会

今日は新潟で開催される口臭学会に出席するために新潟へむかっています。

2015年2月11日水曜日

歯磨剤の顆粒

以前とある予防セミナーで講師の先生が歯磨剤に含まれる顆粒が歯周ポケットに入り込んで歯肉の炎症を引き起こすって云うお話をきいたのですが、実際そんなケースに遭遇しました。出血と違和感を訴えて受診された患者さんで、1年前のレントゲンに全く写っていなかった、顆粒状の非透過像がはっきり見えていて中を探ってみると白い顆粒が血液を含む粘液と一緒にたくさん出てきました。歯磨剤の顆粒が逆に歯周病を引き起こす可能性があるということになり、これは大問題です。

2013年4月28日日曜日

リングストロボ

医院で患者さんのお口の写真を撮影するのは今はもう必須なわけですが、カメラ一台では足りなくなってもう一台追加しました。カメラはオークション落としたNikonのD3100。今までの露出固定ではなくてTTL可能なNISSINのMF18というストロボを購入してみました。やっぱり良いです。まず予備照射が実用的になってます。今まで使用したリングストロボは暗くて予備照射はおまけ的な雰囲気でしたけど、これはもうばっちり明るいので撮影が楽です。露出もデフォルト設定より一段明るく設定するだけでいい感じで撮影できます。
今回は良い買い物をしたと思ってます。